気になったら眼科を受診|自覚症状があまりない緑内障という病気|失明になる前に対処する
女性

気になったら眼科を受診

目元

老化と他の病気

夏になると蚊が飛びます。蚊に刺されるとかゆいですから、それを嫌って蚊を退治しようとするでしょう。パンと叩けば蚊を退治することが出来ます。でも何度叩いても退治できない場合があります。周りの人に聞いてみると、蚊などいないといわれることがあります。もしかするとこれは飛蚊症かも知れません。目に何らかの異常があり、その影響で蚊が飛んでいるように見えることがあります。では飛蚊症になったときに何らかの治療があるかです。原因として最も多いのが老化です。ですから誰でも適度に起こります。老化で起こる場合、残念ながら有効な治療方法はありません。慣れれば日常生活に支障はありません。老化以外の他の病気だと、治療しないといけない場合があります。

眼科で原因を知る

何らかの病気や症状があるからと言って、いちいち病院に行っていると大変です。そのたびに治療費がかかりますし、特に何もないことも多いからです。目の異常として起こりやすいのが飛蚊症です。老化現象の一つとされていて、現在のところは特別な治療方法がありません。多くの人はそのまま放っているでしょうが、基本的にはそれでもかまいません。ただ、他の理由の飛蚊症もあるため、症状が出た時には念のため眼科を受診するようにしましょう。眼科であれば、何が原因かを調べてもらえます。問題は、目の血管などに影響があって、それが蚊が飛ぶように見えるケースです。この時は手術などをしないといけません。治療も早くしないといけません。受信ができれば、早期発見治療が可能になります。