男性医師

見えないものが見える

医師と患者

本来見えないものが見える病気として飛蚊症があります。見えるといっても黒い点がぽつぽつ見えたり、動いたりする程度なので、生活に大きく影響するわけではありません。基本的に治療は必要ありませんが、治療できるものもあります。

もっと詳しく

自覚症状が乏しい目の病気

目の検査中

日本人の失明原因上位です

日本人が失明する原因として、多いのが「緑内障」です。緑内障とは、自分でも気づかないうちに視野欠損が進んでしまう病気を言います。人間には誰でも「盲点」があり、その部分は見えていません。目を動かしたり、両方の目で情報を得ているために、盲点を意識することはほとんどありませんが、緑内障では、この「見えない範囲」がどんどん広がっていってしまいます。たとえ視野がほとんど失われてしまっても、両方の目で情報を補完している限り、自覚症状はほとんどありません。緑内障の検診は、症状の早期発見を目的に行われるものです。現代の医学では、一度失った視野を取り戻すことはできません。だからこそ、病気が始まった初期段階で状況を把握し、そこで視野欠損を食い止める必要があるのです。

検診内容の特徴とは

眼科で行われる緑内障検診の特徴は、眼底検査や視野検査にあります。眼底検査とは、通常の診察では見えない「眼底」部分の写真をとり、緑内障の進行具合をチェックする検査です。視野検査とは、片目で覗き込んだ場面に、順番に光を表示し、「見えない部分」が広がっていないかを判定する検査方法となります。緑内障の患者さんは眼圧異常が起きることが多いと言われていますが、近年では眼圧が正常範囲内であっても緑内障が進行してしまうケースが報告されていますから、安心し過ぎるのは禁物です。こうした検査を行い、総合的な目線で病気について判断してくれる眼科を選ぶと、安心できます。緑内障の検診は一年に一度受診するのが理想的だと言われていますから、通院しやすく信頼できる医院を選ぶ必要があります。

視界の浮遊物の対処

女性

飛蚊症は眼球内の要因によって視覚に現れる特有の現象で、視界に 非常に小さな薄い影のようなものが生じます。疾病のサインである考えられることから、早い内に眼科で診てもらって、検査を受けることが大切になります。

もっと詳しく

気になったら眼科を受診

目元

目に出てくる症状の一つに飛蚊症があります。主な原因は老化で、治療方法はありません。また、そのまま放っておいても特に問題はありません。ただ、老化以外の原因でなることもあり、その時は手術が必要になるので、注意しないといけません。

もっと詳しく